住宅建築のポイント|大きな財産になる注文住宅を建てる前の決まりごと

大きな財産になる注文住宅を建てる前の決まりごと

室内

住宅建築のポイント

積み木

重要なのは間取りです

注文住宅を建築する場合に最も注意しなければならないのは、間取りの検討です。どのような間取りにするかを決めるのは施主ですが、その間取りによって、生活は大きく変わってきます。専門家である建築士の意見も重要ですが、要所要所では施主の意見を反映させることが重要です。例えば、敷地に対してどのような住宅を設置するかは一番初めに決めなければならないポイントです。敷地の形状と道路との隣接関係によって概ねの建物配置は決まってきます。駐車場の位置がだいたい決まれば、それに引っ張られて玄関の位置や建物の位置、庭の位置、リビングの位置などがだいたい決まります。もちろん、複数のパターンが考えられますが、その中から決めるのは自分です。

間取りを考える

注文住宅のメリットは、自由度の高い設計にありますから、できるだけ自分の理想を伝えることが大切です。特に注文住宅の場合には、特殊な間取りでも建築が可能ですから、建築士と一緒に検討しながら意見を出していくことが大切です。素人にはわかりませんが、耐震性の問題や1階と2階のつながりなどから間取りに関する決まりごともありますので、建築士の意見は重要です。ある程度は自動的に間取りが決まってくる部分もありますので、自分なりの希望を伝えながら、可能な範囲で決めていくことが重要です。せっかくの注文住宅ですから、将来のライフスタイルの変化に応じて、リフォームができるような工夫を加えておくことも、将来に役立ちます。