関西で人気の住宅エリア|大きな財産になる注文住宅を建てる前の決まりごと

大きな財産になる注文住宅を建てる前の決まりごと

室内

関西で人気の住宅エリア

つみきの家

太陽発電の補助金がある街

関西では大阪を中心に郊外へ向かって多くの路線が延びています。その路線沿いに宅地開発が進められてきた経緯があるので、一戸建て住宅を購入する人の多くがそれらの沿線を選びます。暮らしやすい住宅地として人気なのが川西市です。川西市は兵庫県の南東部にあって大阪府と接しているため、アクセスは非常に便利です。地価も安定しているので将来的に住み続けるには適した立地です。歴史のある街で行政も地域振興の面で積極的な活動を行っています。川西市では一戸建て住居のための太陽光発電システム設置の支援をしています。年齢などの制限はないので、一戸建てを建てる場合は太陽光発電のための補助金を得ることができます。最大で10万円の補助が受けられます。

中古をリフォームする利点

関西以外の地域で暮らしている人が一戸建てを建てようとする場合は、あらかじめ地価を調べておくことが大事です。良好な住宅地として人気の川西市では、好立地のエリアでは坪単価60万円以上します。場所によっては坪単価が20万円で納まるエリアもあるので、予算によって土地探しをします。土地は永続的な資産になるので、建物よりも重視して良い立地を探した方がよいです。新築は建設費の総額が高くなりますから、中古の一戸建てという選択肢も考えると探し方の幅も広がります。川西市ではリフォーム助成金制度があるので、中古住宅を購入してリフォームするという方法もあります。対象住宅は1981年5月以前に着工された住宅ですので、その点を気をつければ好立地の住宅を手に入れられます。